アゼルバイジャンGPは、F1の醍醐味や面白さを魅せてくれる希少なグランプリ!



 アゼルバイジャンGPは、F1の醍醐味や面白さを魅せてくれる希少なグランプリ!



F1アゼルバイジャンGPのレース概要!

アゼルバイジャングランプリ(Azerbaijan Grand Prix

バクー・シティ・サーキット 周回 51周

コースの長さ 6.006㌖ 3.753㍄ レース総距離 306.306㌖ 191.403㍄



アゼルバイジャンGPは、F1の醍醐味や面白さを魅せてくれる希少なグランプリ!

終始、激しく面白いバトルを繰り広げていたレッドブルチームのM.フェルスタッペンとD.リカルド。そのバトルは終盤戦に入った39周目まで続いていたのだが、まさかの接触事故へと発展してしまう。

ストレートに入り前方に居るM.フェルスタッペンは当然のブロックを仕掛ける。一瞬の隙を狙ったD.リカルドは一気に抜きにかかった瞬間、M.フェルスタッペンから激しいブロックを掛けられ大接触。

2台は接触したままコースアウトしリタイア。表彰台を狙えるポジションから一気にポイント圏外へ。

同じチームでありライバル同士の二人には戒告処分が下ったが、どちらのドライバーが悪なのか?レッドブルチームがダメなのか?何れにしても、それらを言い出したらキリがありません。

現状のレギュレーションの中で、これだけの激しいバトルが無くなってしまったら、F1を開催する価値・見る価値が益々無くなってしまうのではないでしょうか。

市街地道路を使ったコースレイアウト、激しいバトルやクラッシュ、途中途中に入る再スタートなど、アゼルバイジャンGPはF1の醍醐味を魅せてくれる数少ないグランプリの一つである事に間違いありません。

アゼルバイジャンGP決勝結果

順位 ドライバー チーム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス
2 キミ・ライコネン フェラーリ
3 セルジオ・ペレス フォース・インディア
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
5 カルロス・サインツ ルノー
6 シャルル・ルクレール ザウバー
7 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
8 ランス・ストロール ウィリアムズ
9 ストフェル・バンドーン マクラーレン
10 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
11 マーカス・エリクソン ザウバー
12 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
13 ケビン・マグヌッセン ハース
14 バルテリ・ボッタス メルセデス
ロマン・グロージャン ハース
マックス・フェルスタッペン レッドブル
ダニエル・リカルド レッドブル
ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー
エステバン・オコン フォース・インディア
セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ


ドライバーズポイント! ≪21戦中4戦終了≫

ポイント ドライバー
70 ルイス・ハミルトン (メルセデス)
66 セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)
48 キミ・ライコネン (フェラーリ)
40 バルテリ・ボッタス (メルセデス)
37 ダニエル・リカルド (レッドブル)
28 フェルナンド・アロンソ (マクラーレン)
22 ニコ・ヒュルケンベルグ (ルノー)
18 マックス・フェルスタッペン (レッドブル)
15 セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
12 ピエール・ガスリー (トロ・ロッソ)
12 カルロス・サインツ (ルノー)
11 ケビン・マグヌッセン (ハース)
8 シャルル・ルクレール (ザウバー)
8 ストフェル・バンドーン (マクラーレン)
4 ランス・ストロール (ウィリアムズ)
2 マーカス・エリクソン (ザウバー)
1 エステバン・オコン (フォース・インディア)
1 ブレンドン・ハートレー (トロ・ロッソ)
0 ロマン・グロージャン (ハース)
0 セルゲイ・シロトキン (ウィリアムズ)

コンストラクターズポイント! ≪21戦中4戦終了≫

ポイント コンストラクターズ
114 フェラーリ
110 メルセデス
55 レッドブル
36 マクラーレン
35 ルノー
16 フォース・インディア
13 トロロッソ・ホンダ
11 ハース
10 ザウバー
4 ウィリアムズ


 Copyright © bluepeas-index All Rights Reserved.


F1オーストラリアGPの結果!フェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝!


F1オーストラリアGPの結果!フェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝!

 



F1オーストラリアGPのレース概要!

 

オーストラリアグランプリ(Australian Grand Prix)

アルバート・パーク・サーキット 周回 58周

コースの長さ 5.303㌖ 3.295㍄ レース総距離 307.574㌖ 191.071㍄

※グランプリスケジュール

 



F1オーストラリアGP予選順位!

 

予選は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)キミ・ライコネン(フェラーリ)セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の3人が、僅差の争いでワンツースリーに立つ。4位に入ったマックス・フェルスタッペンまでが1分21秒台を記録。

マクラーレン・ルノー勢は惜しくもQ1へ進出できなかったが、本番のレースでは可能性を残す走りをした。期待されたトロロッソ・ホンダ勢はQ3に沈む。レース逆転に期待。

 順位 ドライバー タイム ラップ
 01 ルイス・ハミルトン / M 1’21.164 20
 02 キミ・ライコネン / F 1’21.828 17
 03 セバスチャン・ベッテル / F 1’21.838 20
 04 マックス・フェルスタッペン / RR 1’21.879 18
 05 ダニエル・リカルド / RR 1’22.152 17
 06 ケビン・マグヌッセン / HF 1’23.187 17
 07 ロマン・グロージャン / HF 1’23.339 17
 08 ニコ・ヒュルケンベルグ / R 1’23.532 16
 09 カルロス・サインツ / R 1’23.577 17
 10 バルテリ・ボッタス / M NoTime 16
Q2ノックアウト
 11 フェルナンド・アロンソ / MR  1’23.692 14
 12 ストフェル・バンドーン / MR 1’23.853 14
 13 セルジオ・ペレス / FM 1’24.005 14
 14 ランス・ストロール / WM 1’24.230 13
 15 エステバン・オコン / FM 1’24.786 16
Q3ノックアウト 
 16 ブレンドン・ハートレイ / TH 1’24.532 8
 17 マーカス・エリクソン / SF 1’24.556 9
 18 シャルル・ルクレール / SF 1’24.636 9
 19 セルゲイ・シロトキン / WM 1’24.922 8
 20 ピエール・ガスリー / TH 1’25.295 7

※F/フェラーリ M/メルセデス R/ルノー RR/レッドブルルノー MR/マクレーンルノー FM/フォースイメルセデス SF/ザウバー フェラーリ WM/ウィリアムズメルセデス TH/トロロッソホンダ HF/ハースフェラーリ

 



F1オーストラリアGPの順位とドライバーズポイント!

 

予選上位の3人が、順位を入れ替えるカタチでワンツースリーを独占。マクラーレン・ルノー勢は2台共ポイント圏内に入る快挙を成し遂げる。トロロッソ・ホンダ勢は1台リタイアを含めポイント圏外へ沈む。

 順位 ドライバー 記録 ポイント
優勝 セバスチャン・ベッテル / F 1:29:33.283 25
02位 ルイス・ハミルトン / M +5.036 18
03位 キミ・ライコネン / F +6.309 15
04位 ダニエル・リカルド / RR +7.069 12
05位 フェルナンド・アロンソ / MR  +27.886 10
06位 マックス・フェルスタッペン / RR +28.945 08
07位 ニコ・ヒュルケンベルグ / R +32.671 06
08位 バルテリ・ボッタス / M +34.339 04
09位 ストフェル・バンドーン / MR +34.921 02
10位 カルロス・サインツ / R +45.722 01
11位 セルジオ・ペレス / FM +46.817
12位 エステバン・オコン / FM +60.278
13位 シャルル・ルクレール / SF +75.759
14位 ランス・ストロール / WM +78.288
15位 ブレンドン・ハートレイ / TH +1 lap
16位 ロマン・グロージャン / HF DNF
17位 ケビン・マグヌッセン / HF DNF
18位 ピエール・ガスリー / TH  DNF
19位 マーカス・エリクソン / SF DNF
20位 セルゲイ・シロトキン / WM DNF

※F/フェラーリ M/メルセデス R/ルノー RR/レッドブルルノー MR/マクレーンルノー FM/フォースイメルセデス SF/ザウバー フェラーリ WM/ウィリアムズメルセデス TH/トロロッソホンダ HF/ハースフェラーリ

※21戦中1戦終了時点

 



F1オーストラリアGPコンストラクターズポイント!

 

順位 チーム ポイント ポイント
1 フェラーリ 40 ±0
2 メルセデス 22 −8
3 レッドブル・ルノー 20 −20
4 マクラーレン・ルノー  12 −28
5 ルノー 7 −33

※21戦中1戦終了時点

 



 Copyright © bluepeas-index All Rights Reserved.