F1中国GP!トロロッソホンダの速さは本物か?その実力は如何に!?



F1中国GP!トロロッソホンダの速さは本物か?その実力は如何に!?



F1中国GPのレース概要!

中国グランプリ(Chinese Grand Prix) 中國大獎賽

上海・インターナショナル・サーキット 周回 56周

コースの長さ 5.451㌖ 3.387㍄ レース総距離 305.066㌖ 189.559㍄



トロロッソホンダ『STR13』の速さは本物なのか?その実力は!?

バーレーンGPでは予想を遥かに超えた4位という高い順位でフィニッシュしたトロロッソホンダ『STR13』とピエール・ガスリー。

トロロッソは新たな空力系パーツをシャシーにセッティング、進化したパッケージとガスリーのテクニックによって、その成果が得られたと各メディアは発信しているが、

もっと分かり易く言えば、バーレーンのコース+ストレートで速いホンダパワーユニット+ガスリーのテクニック(腕)+マシンセッティングなどがバランス良く噛み合い発揮されたモノであり、

トロロッソホンダの新たなパッケージとチームポテンシャルが引き出された素晴らしい結果と言える。

同じパッケージのマシンに乗ったもう一人のドライバー、ブレンドン・ハートレーはどうだったのか?

2戦連続の完走レースについては一定の評価が出来るが、チームポテンシャルを引き出すポイント圏内でのレースが出来ていない。ガスリーとの差はその部分なのではないか。

何れにしても、ガスリーとハートレーのマシンセッティングが全く同じと言う事はありえない。ただ、各ポイント毎のセッティングで参考になる部分は必ずあるはずだ。

チームではあるが、それぞれのドライバーにはもの凄いプライドがあり、そのクルーにも同様のプライドがあるはず。2人のドライバーから得られた様々なデータをどう活かすのか。

開幕戦のオーストラリアグランプリでは、ホンダパワーユニットがいきなりの故障、前期までのマクラーレンホンダで多発していたエンジントラブルが、今季からのトロロッソホンダでも続いてしまうのかと不安視されていたが、

2戦目のバーレーングランプリでは新たに導入したパッケージが成功、開幕戦の失敗!?を大きく払拭し4位の順位まで大幅に上昇することが出来た。

次の中国グランプリは、テクニカルなカーブと多くのストレートが混在するストップ&ゴーのサーキット。トロロッソが得意とするサーキットの一つと考えられる。

バーレーンで魅せたトロロッソホンダの速さは本物だったのか?ガスリーは勿論の事、ハートレーにも実証してもらいたい。

兎にも角にもトロロッソホンダの大躍進によって、ルノーパワー勢とホンダパワーの戦いに火が点いたこと、更に中段チームのコンストラクターズポイント争いが俄然面白くなった。

その中国グランプリには大きな注目が集まっている。

中国と言えばパンダ(笑)、パンダと言えばシャンシャン(香香)。シャンシャンと言えば上野動物園。本当にシャンシャンは可愛い。

残念ながらサーキットにシャンシャンはいませんが、例年になく中国グランプリが盛り上がり楽しみな週末になりました。

それでは。



ドライバーズポイント! ≪21戦中2戦終了≫

順位 ドライバー ポイント
1 ベッテル(F) 50
2 ハミルトン(M) 33
3 ボッタス(M) 22
4 アロンソ(M・R) 16
5 ライコネン(F) 15
6 ヒュルケンベルグ(R) 14
7 リカルド(R・R) 12
8 ガスリー(T・H) 12
9 マグヌッセン(H・F) 10
10 フェルスタッペン(R・R) 8
11 バンドーン(M・R) 6
12 エリクソン(Z・F) 2
13 サインツ(R) 1
14 オコン(F・M) 1
15 ぺレス(F・M)
16 ルクレール(Z・F)
17 ストロール(W・M)
18 ハートレー(T・H)
19 グロージャン(H・F)
20 シロトキン(W・M)


コンストラクターズポイント! ≪21戦中2戦終了≫

順位 チーム ポイント
1 フェラーリ 65
2 メルセデス 55
3 マクラーレン・ルノー 22
4 レッドブル・ルノー  20
5 ルノー 15
6 トロロッソ・ホンダ 12
7 ハース・フェラーリ 10
8 ザウバー・F 2
9 Fインディア・MS 1
10 ウィリアムズ・MS 0

 Copyright © bluepeas-index All Rights Reserved.


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.